ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
スポーツ少年団
本部長からのメッセージ
スポーツ少年団とは
沿 革
事業報告
事業計画
スケジュール
各団の紹介
団登録について
委員総会について
認定員について
ティーボール大会
屋内雪合戦大会
ジュニア・リーダー
スポ少だより
競技結果
規程集
リンク集
競技スポーツ専門部

日本スポーツ少年団 認定員 について
日本スポーツ少年団では、スポーツ少年団の育成・指導にあたる指導者の資質の向上をはかり、組織的指導体制の確立をはかるため「日本スポーツ少年団指導者制度」を制定しています。



[スポーツ少年団指導者の規定 ]

日本スポーツ少年団のかかげる指導理念に賛同し、日本スポーツ少年団に指導者登録された方をスポーツ少年団指導者と呼びます。




[ スポーツ少年団指導者の任務 ]

スポーツ少年団指導者は、各々の立場においてスポーツを通じて青少年を健全に育成する任にあたり、単位スポーツ少年団をはじめ、市区町村、都道府県スポーツ少年団の育成・普及に努め、国民スポーツの振興に寄与しなければなりません。



[ 有資格指導者 ]

スポーツ少年団指導者のうち、所定の養成講習会を修了し、資格認定された者を「有資格指導者」と呼びます。そのうち「認定員」は、地域における単位団活動の中心的指導者として、スポーツ少年団の理念にのっとり、その指導・運営にあたるとともに、単位団内における育成母集団をはじめ組織の強化をはかります。



[ 有資格指導者の養成 ]

日本スポーツ少年団と都道府県スポーツ少年団等の共催で、認定員養成講習会を実施します。講習会内容は、財団法人日本体育協会公認スポーツ指導者制度に基づくスポーツリーダー養成講習会カリキュラムとし、同講習会を兼ねるものとします。



[ 団登録の際の注意点 ]

日本スポーツ少年団では指導者の資格取得を奨励しており、少年団に登録するには、各単位団に2名以上の有資格指導者が必要とされています。(詳細については事務局までお問い合わせください)




フッターイメージ